リップルは、米国のテクノロジー企業であるRipple Labs Inc.が開発した、リアルタイムグロス決済システム、通貨交換、送金ネットワークです。2012年にリリースされたリップル社は、分散型オープンソースプロトコルに基づいて構築されており、フィアット通貨、暗号通貨、コモディティ、またはマイレージや携帯電話の分数のような他の価値単位を表すトークンをサポートしています。リップルは、「安全で、即座に、ほぼ無料で、あらゆる規模のグローバルな金融取引を、チャージバックなしで行うことができる」と謳っています。この台帳には、XRPとして知られるネイティブな暗号通貨が採用されています。

2020年12月、Ripple Labsとその幹部2名は、米国証券取引委員会(SEC)が未登録の有価証券と分類したXRPトークンを販売したとして、SECから訴えられた。


リップル社の歴史


リップル社は、Jed McCalebによって考案され、Arthur BrittoとDavid Schwartzによって構築された。その後、2005年にグローバルネットワークを介してオンラインコミュニティのメンバーに安全な支払い方法を提供する金融サービスとしてデビューしていたRyan Fuggerに声をかけた。フージャースは、後にリップルとなるOpenCoinというシステムを開発していました。また、金融機関が最小限の手数料と待ち時間で送金できるよう、XRPと呼ばれる独自のデジタル通貨も開発しました。2013年には、銀行が同社の決済システムの利用に関心を示していることが報告されました。

2018年には100以上の銀行が登録しましたが、そのほとんどがリップル社のメッセージング技術「XCurrent」のみを利用しており、XRPという暗号通貨はボラティリティの問題から避けられていました。リップル社が市場支配に挑戦しているSWIFT(Society for Worldwide Interbank Financial Telecommunication)の代表者は、リップル社や他のブロックチェーンソリューションのスケーラビリティの問題が未解決のままであり、二国間や銀行内のアプリケーションに限定されていると主張しています。リップル社の幹部は、2018年に「私たちは、あなたの古典的なブロックチェーンでスタートしましたが、それはとても気に入っています。しかし、銀行からのフィードバックは、全世界をブロックチェーン上に置くことはできないというものでした。"

リップルは、すべてのリップルアカウントに関する情報を格納する分散型データベースである共通共有台帳に依存しています。クリス・ラーセンはスタンフォード大学ビジネススクールで、ネットワークは独立したサーバーが取引記録を比較することで管理されており、そのサーバーは理論上、銀行やマーケットメーカーを含む誰にでも属することができると語っています。リップル社は、決済送信のためにアカウントと残高を即座に検証し、数秒以内に決済通知を配信します。支払いは不可逆的であり、チャージバックはありません。

リップルラボは、リップルを支えるコンセンサス検証システムの主要なコード提供者として活動を続けていました。2014年、このプロトコルは、セキュリティと規制の欠如に対する懸念の中、米国の銀行システムへのアクセスを獲得しました。



訴訟


2018年5月にリップル社に対して、"XRPトークンの未登録販売を通じて数億ドルを調達するスキームを主導したと主張する "集団訴訟が提起されました。訴状によると、「同社は "何もないところから "数十億枚のコインを作成し、それを "本質的に終わりのないイニシャル・コイン・オファリング "で一般に販売して利益を得た」としています。

米国証券取引委員会(SEC)は2020年12月21日、未登録の証券を販売した疑いがあるとして、Ripple Labs、CEOのBrad Garlinghouse、および共同設立者のChris Larsenに対して法的手続きを開始しました。SECは訴訟の中で、XRPはリップルラボが中央集権的に生成・配布しており、広告したユースケースを金融機関が採用していないことから、商品ではなく証券であると主張しました。SECは、リップル社の幹部が146億単位のXRPを13億8,000万ドル以上で売却し、同社の運営資金を調達して自分たちを豊かにしたとしています。

これに対し、Garlinghouse氏はSECを批判し、リップルラボが法廷で自己弁護することを示しました。コインベースは12月28日にXRPの上場を廃止し、12月30日には投資家が、コインベースが未登録の有価証券であることを理解した上でXRPトークンを販売したとする集団訴訟を起こしました。

4月13日、SEC委員会のヘスター・M・ピースは、トークン・セーフハーバー提案2.0を発表した。この提案は、一定の条件が満たされている限り、機能的または分散型ネットワークへの参加とその継続的な開発を促進するために、初期開発チームに3年間の期間を提供することを目的としており、連邦証券法の登録条項が免除される。


レセプション


リップル社は、リップルプロトコル(RTXP)とリップル社の決済・交換ネットワークの開発により、MIT Technology Review誌の2014年2月号で、2014年の最もスマートな企業50社の一つに選ばれました。スタンフォード大学とストックホルム大学の2人の研究者が行った科学的研究では、エネルギー消費の観点とマクロ経済レベルからお金の生産を研究した結果、リップルでサーバーを稼働させることは、電子メールサーバーを稼働させるのに必要なエネルギーに匹敵すると述べています。


This article uses material from the Wikipedia article "Ripple_(payment_protocol)", which is released under the Creative Commons Attribution-Share-Alike License 3.0.

中国規制当局のFan Wenzhong氏が、第五回フィンテック・バンド・サミット(上海)で、次のように語った。 「非中央集権化は新しいものというわけではない。初期の人類の取引は中央集権無しに行われていたのだから」 と非中央集権について語った。同時に次のようにも。 「ブロックチェーンは革新的な技術だが、それのお陰で発展した仮想通貨は必ずしも有用なものとは限らない」 「我々はブロックチェーンを『神話化』してはいけない」 と。 ブロックチェーンプロジェクトのふりをする、違法なICOに対してもFan氏は警鐘を鳴らしている。 元記事 https://cryptonews.com/news/blockchain-is-useful-mythologizing-it-is-not-chinese-regulat-2204.htm

2018年6月18日からcoincheckの一部仮想通貨が取り扱われなくなる予定。 具体的には、売買、入出金、保有が廃止される。 で、肝心の対象の仮想通貨は次のものになるようだ。 XMR REP DASH ZEC 現在上記仮想通貨を持っている場合は、市場価格で日本円に変換される。 私もXMRとREPをもっているが、どちらも買った当時から安くなってるので、損しかない(笑)。 まぁ、仕方ないね。 強制変換が嫌な場合は、他の取引所へ送金する手もあるが、殺到した場合は数日かかる恐れがあるらしい。 なので、送金したい方はお早目にどうぞ。

↑このページのトップヘ