エコシステム、最近よく聞く言葉ですね。 本来は生態系とか、物質の循環とかいった文脈で使われるんですが、この比喩をビジネスに当てはめて使われる例が増えてます。   こういった具合ですね。 生態系と言えば、肉食獣が頂点でその下に行くにつれて弱い動物がいて、とかそんな具合のお話です。 ビジネスでもやはり巨額の資金があってとか、知名度があったりとか、先行者利益だとか、既得権益、利権を持つ存在が頂点にいて、その下には養分となる存在がいたりするんですね。 ところがブロックチェーンとか仮想通貨が登場するとこういった常識が通用しなくなるのではないか、という議論が巻き起こっています。 とは言え、利権を持つ人たちが黙っているわけがないので、それぞれのポジションの人たちがどう動くか、注目ですね。

テレグラムのブログ(https://telegram.org/blog/200-million)によると、テレグラムの月間ユーザーが2億人を超えたらしい。 「もしテレグラムが国ならば」世界第6の規模の国、とも言えるとPavel Durov氏のブログ記事にあります。  

タロットカード占いのケルト十字法で、2018年4月の動きを占ってみました。 XRP 上の図のような結果になりましたね。それぞれ見てみましょう。 中央下 justice(逆) 中央横 Death 上 Wheel of Fortune(逆) 下 The World 左 The Lovers(逆) 右 The Devil(逆) 右端下から1番目 The Chariot(逆) 右端下から2番目 The Emperor 右端下から3番目 Judgement(逆) 右端下から4番目 The Star(逆) この結果から見ると、何か逆カードが多い印象ですね。 まず中央の下のカードが正義の逆で、不安定さを表してます。 現状の土台は不安定ということ。 その上に乗ってるのが死神なので、「対抗する力」としての「転機」がありそうという意味合いがあります。 そして最終結果として星の逆があることから、先の見えない、不安定な状態が続きそう、との見方ができます。 こうした結果から、リップルの投資は慎重に行ったほうがよさそうですね。  

↑このページのトップヘ