ハードフォークとは、旧ルールに基づいて検証していたソフトウェアが、新ルールに基づいて生成されたブロックを無効とみなすようなルール変更のことです。ハードフォークの場合、新しいルールで動作するノードはすべてソフトウェアをアップグレードする必要があります。あるノードグループが古いソフトウェアを使い続け、他のノードが新しいソフトウェアを使うと、永久的な分裂が起こる可能性があります。

例えば、イーサリアムでは、コードの脆弱性を突かれてハッキングされたThe DAOの投資家を「丸く収める」ためにハードフォークを行ったことがあります。この場合、フォークの結果、イーサリアムとイーサリアムクラシックのチェーンが分裂しました。2014年、NXTコミュニティは、主要な暗号通貨取引所から5,000万NXTが盗まれた影響を緩和するために、ブロックチェーンの記録をロールバックするハードフォークの検討を求められました。このハードフォーク案は却下され、交渉と身代金の支払いを経て資金の一部が回収されました。また、恒久的な分裂を防ぐために、2013年3月12日のビットコインの分裂のように、新しいソフトウェアを使用するノードの過半数が古いルールに戻ることもあります。

より最近のハードフォークの例としては、2017年のビットコインの例があり、ビットコインキャッシュを生み出す分裂となりました。ネットワークの分裂は主に、需要に対応するために1秒あたりの取引量を増やす方法で意見が分かれたことが原因でした。

ビットコインキャッシュ(以下、BCH)は、ビットコインのハードフォークで最大ブロックサイズを増やしたものです。Bitcoin XT、Bitcoin Classic、Bitcoin Unlimitedは、それぞれ最大ブロックサイズの増加を支持していました。BTCがフォークした2017年8月1日、BTCのブロックチェーンは、現在ビットコインに有効なルールに従って維持されているブロックチェーンと、現在ビットコインキャッシュに有効なルールに従って維持されているブロックチェーンに分かれました。フォークの前にビットコインチェーンにコインを持っていて、まだ動かしていない人は、どちらか一方のチェーン、または両方のチェーンでコインを動かすことができます。このようにして、ビットコインの保有者は、分裂の時点でビットコインキャッシュの保有者にもなった。これ以降、ビットコインとビットコインキャッシュは別々のものであり、お互いや不換紙幣、その他の資産に対して全く独立した評価で取引されている。

BitcoinSV(BSV)は、Bitcoin Satoshi's Visionの略で、スケーラビリティを実現するためにはブロックをさらに大きくする必要があると主張する、Bitcoin Cashのハードフォークである。





This article uses material from the Wikipedia article "Bitcoin scalability problem", which is released under the Creative Commons Attribution-Share-Alike License 3.0.